たねこ

34歳です。2人の男の子を育てています。

食事の調整が辛かった・・。

私は27週の時に切迫早産で入院し、28週の時に糖負荷検査を受けました。1回目の検査で基準値を10くらい超えていたらしく、再検査になりました。そして、再検査も少し基準値を上回ってしまいました。妊娠糖尿病と診断され、とりあえず毎日6回血糖値をはかり、分食といって朝食、間食、昼食、おやつ、夕食、夕食後間食と食事を6回にわけて血糖値の上昇を緩やかにするという食事療法をすることになりました。おやつなども簡素なビスケットやソイジョイなどになり、差し入れなども禁止で、ただでさえ入院生活で我慢が多い生活なので、とても辛く感じました。また、血糖値をはかるのも毎日指に傷をつけて、血液を出し血糖値をはかる機械...

続きを読む (1件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠8ヶ月の体験談 ) 1
ギリギリの長さをキープ!!

27週の時に内診で、頸管長の長さが1.8センチくらいになっているとのことで緊急入院になりました。上の子のことや仕事のこともあり、これからどうなってしまうのだろうと途方に暮れていました。すぐウテメリンの点滴が始まりました。次の日の朝の内診で3センチまで回復しました。内診した先生も効果あったね!などとおっしゃっていたので、もしかしたら自宅に帰れるかもとか期待していました。しかし、何日後かの内診で1.6センチくらいになり、赤ちゃんの入っている袋が見えてしまいウテメリンの点滴もマックスになり、元いた病院は32週以降の妊婦しか対応できないとのことで、都内の病院に搬送されました。搬送先の病院でマグセ...

続きを読む (2件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠7ヶ月の体験談 ) 5
なるべく座る、休むを心掛ける!

私は妊娠中パートで6時間立ち仕事の販売の仕事をしていました。店の中にも階段があり、お客様を会計に誘導するときや作業の際も上がり下がりも多かったです。通勤も1時間ほど電車に乗らなければならず、行きは必ず座れたのですが、帰りは立ちっぱなしのことも多かったです。仕事先は店員の数が最小限で、以前社員として働いていたところだったので任される仕事も多く、新入社員や研修中の内定者の方をフォローしながら働いていたのもあり、なかなか座りながらの作業に移行できず店頭に立つことが多かったのも今思えば負担が大きかったかなと思います。お腹が大きくなってきてからは、辛い時は座らせてもらい作業することもありましたが、...

続きを読む (3件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠7ヶ月の体験談 )
点滴のおかげで無事産めました!

27週に頸管の長さが2センチ切ってしまい、すぐウテメリンの点滴が始まりました。わりと効果があり、翌日には3センチまで回復してので、もしかしたら自宅安静に切り替わるかもなどと淡い期待を抱いていました。しかし、3日後くらいに内診中に赤ちゃんの入っている袋が見えてしまいすぐウテメリンはマックスの状態になりました。まだ出産まで2か月くらいあるのに、すでにマックスの量ですぐ赤ちゃんが産まれてしまうのではないかと不安で毎日泣いたりしていました。その後、元いた病院が32週以降しか対応していないので、NICUのある病院に搬送されました。転院後、内診してみるとやはり頸管が1.3センチくらいしかなく、袋も見...

続きを読む (4件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠8ヶ月の体験談 ) 2
最終的には無事に産めました!

27週の時に頸管の長さが2センチ切ってしまい入院になりました。ウテメリンの点滴やマグセントの点滴をして絶対安静で入浴なども最初は全然できないような状況でした。膣剤や膣洗浄なども行い、管理をしっかりしてもらいました。入院中も多少出血や頸管の長さが短くなってしまうことがあり、何度ももう産まれてしまうのではないかと思いました。しかし、なんとかもってくれ36週を迎えることができました。退院時の内診でもすぐ産まれてしまうかもしれないし、経産婦だからなにか変化があったらすぐ病院に来なさいと言い含められながら退院しました。退院した翌日、寝る前におしるしのようなものが付いていて、いよいよかなと思いつつ体...

続きを読む (5件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠10ヶ月の体験談 ) 1
慣れてくるとそんなに苦痛ではない

妊娠7か月の27週に入院になり、内診後すぐにウテメリンの点滴が始まりました。最初は2A20くらいでした。最初は身体が火照るような感じと少しだるいような感じがありました。次の日内診すると、2センチ切っていた頸管が3センチくらいになっていたので、先生がびっくりしていました。その後、NICUのある病院に行くのが決まり、その日まで持たせたいとのことでウテメリンの点滴はマックスになりました。その時はわりと動悸が激しくなり、手の震えなどもあり字などを書く時に気になりました。しかし、1週間もすると慣れて気にならなくなりました。ただ、病院で空調が整っているのもありますが、点滴で火照りがあるので、入院中は...

続きを読む (6件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠7ヶ月の体験談 ) 2
様々な体験をした入院生活

私は27週の頃、仕事中にお腹がぎゅーっと絞られるような痛みがあり、次の日たまたま検診だったため病院に行くと、頸管の長さが短くなっておりその場で即入院になりました。入院の部屋が決まり、内診してもらうと頸管の長さが2センチきっており、すぐ産まれてもおかしくないと言われ頭が真っ白になりました。とりあえず義母に長男の迎えを頼み、これからどうなってしまうのだろうとベッドでぼーっとしていました。すぐにウテメリンの点滴が始まり、身体が火照るような感じがありました。毎日、ドップラーで赤ちゃんの心音とお腹が張ってないかモニターをつけてはかりました。そして、体温が上がり、血流が良くなると赤ちゃんが産まれても...

続きを読む (7件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠7ヶ月の体験談 ) 1
やはり出産の幕開けでした。

私は切迫早産で27週から2か月半くらい入院していました。36週0日に退院し、翌日は長男を幼稚園バスまで送ったり、すぐまた出産の入院になる可能性が高いと言われていたので、出産準備の荷物を作ったりしていました。夜寝る前にうっすら赤いおりものがナプキンに付いていて、これはもう出産になってしまうかもなと思い、外にギリギリ出かけられるくらいの寝間着に着替え直してから寝ました。2時間半後くらいにトイレに起きました。その辺りから陣痛が始まり、もうすでに5分間隔くらいでした。病院に連絡すると「切迫入院してた上に経産婦さんなので、とにかくすぐ来てください。」とのことで、タクシーを呼び病院に向かいました。タ...

続きを読む (8件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠10ヶ月の体験談 ) 1
赤ちゃんが無事で一安心。

36週2日に2820gで産まれました。27週から2ヶ月半ほど切迫早産で入院していたので、36週0日にもう産まれても大丈夫ということで張り止めの点滴を切り退院しました。退院の翌日、おしるしが来てそのまま陣痛が来て出産になりました。36週のわりに体重がわりとあってびっくりしました。産まれてすぐ元気に泣いたのですが、元気がなく呼吸も少し乱れていたので、小児科の先生が呼ばれました。このまま死んでしまうのではないかと思い、「赤ちゃんがんばれー。赤ちゃんがんばれー。」と分娩台の上から声をかけていました。小児科の先生が診察すると、元気なので心配ないが、一応保育器に入って様子を見ましょうとのことで一安心...

続きを読む (9件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠10ヶ月の体験談 ) 2
あっという間の出来事でした!

おしるしが寝る前にありましたが、そのまま寝ていました。夜中、尿意で起き、そこから陣痛が始まりました。それまで、切迫早産で入院していたこともあり最初から5分間隔くらいでした。そこから、病院に連絡し、タクシーを呼んで病院に向かいました。タクシーに乗っている間にどんどん陣痛の間隔が短くなっていき、痛みも強くなっていきました。なるべく息をハーハーと吐き、痛みを逃していましたが痛みが強く、「産まれるー!産まれるー!」とうわごとのように繰り返していました。病院に着いた時はもう立って移動することができず車椅子で分娩室へ向かいました。分娩室に着き、助産師さんに支えられて立つと、すぐ破水してしまいました。...

続きを読む (10件目 / 14件)
たねこさん ( 0ヶ月の体験談 )
意外とはっきり出てびっくり!

なんとなく今回は妊娠したのではないかという予感があり、生理予定日ちょうどの日にチェックワンという検査薬で検査しました。予感だけでなく、1人目の時に妊娠がわかる前にすごく軽いつわりのような気持ち悪さや身体がだるいような症状があり、その時と似たような体調だったのでこれは確実かもな・・と思い検査しました。検査すると、当日だからそんなにはっきり出ないかなと思っていたのですが、線は濃くはっきりした線が出ました。それまで、検査薬を使って何度か検査していたものの、陰性が続き、またリセットだ・・とへこんでいたので、はっきりした線が浮き出た時はほんとに嬉しかったです。夫に検査薬を見せて報告すると、結構はっ...

続きを読む (11件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠前の体験談 )
翌日にはすぐ出産になりました!

36週0日めのことです。27週から頸管の長さが短いとのことで2か月半ほど入院していました。36週になり、もう産まれても大丈夫だから張り止めの点滴をやめることになりました。退院前の内診の時に、「もう子宮口が4センチ開いているから、経産婦だしほんとは退院させたくないけど・・。」」と、主治医もしぶっていましたが、上の子がいてさみしがっていることもあり、何か変化があったらすぐ連絡するという約束で退院しました。点滴を切り、退院した時は体調に変化はなく、ひさびさに長男に会え、自宅で眠ることができてほっとしました。翌日は、長男を幼稚園バスまで送ったり、すぐ入院になっても大丈夫なように今度は出産用に入院...

続きを読む (12件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠10ヶ月の体験談 )
仕事や家事の無理は張りのもと!

25週の時のことです。当時、販売の立ち仕事をしており、通勤時間も長く1時間半ほど電車に乗っていました。ある日普通に仕事をしていると、下腹部が重いような感じになり、立っているのがしんどくなりました。同じフロアの同僚に話してバックヤードに入らせてもらい、座ってできる業務をしながら、深呼吸をしたりして休み休み仕事をしていました。感覚としては、下腹部がぎゅっと収縮するような感じで、30分~40分くらい痛みは継続しました。少し座ったりして休んでいると、痛みが引いたのですが、念のため上司に相談して、その日は早退して帰りました。たまたま次の日に検診があったのですが、内診すると頸管の長さが短くなっていて...

続きを読む (13件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠7ヶ月の体験談 ) 1
子授け祈願と旅行でリフレッシュ!

長男が産まれてから、3年経ち子育てやパートなどをしているうちにすっかり生活ペースが固まってしまいました。なんとなく第2子は欲しいけれど、自然の流れに任せてと思っていたのですが、年の差が開きすぎてしまうのでは・・と焦ってきました。夫にも生理の日から計算して、だいたいの排卵目安の日には早く帰ってきてほしいなどと半強制的に言ってしまったり、夫婦生活も義務的な感じで、2人とも疲れていました。そんな時、祖母のお墓が石川県の金沢市にあるのでそこにお墓参りと旅行がてら行こうかという話になりました。せっかく金沢に行くのだからと色々調べていると、祖母のお墓のあるお寺の近くに、児安神社という子宝観音と呼ばれ...

続きを読む (14件目 / 14件)
たねこさん ( 妊娠前の体験談 )