妊娠糖尿病(GDM)の体験談

食事の調整が辛かった・・。

私は27週の時に切迫早産で入院し、28週の時に糖負荷検査を受けました。1回目の検査で基準値を10くらい超えていたらしく、再検査になりました。そして、再検査も少し基準値を上回ってしまいました。

妊娠糖尿病と診断され、とりあえず毎日6回血糖値をはかり、分食といって朝食、間食、昼食、おやつ、夕食、夕食後間食と食事を6回にわけて血糖値の上昇を緩やかにするという食事療法をすることになりました。おやつなども簡素なビスケットやソイジョイなどになり、差し入れなども禁止で、ただでさえ入院生活で我慢が多い生活なので、とても辛く感じました。

また、血糖値をはかるのも毎日指に傷をつけて、血液を出し血糖値をはかる機械ではかります。慣れるとゴムでパチンとはじくような痛みくらいしかないのでそんなに苦痛ではないのですが、1日に何回も看護師さんが血糖値を聞きに来たりするので、煩わしく感じてしまいました。

何週間か食事療法と血糖値計測だけで安定していたのですが、後半はもう少し上がるかもしれないと先生がおっしゃっていました。案の定、32週に血糖値が上がってしまい、3食の食事前にインスリンを打つことになりました。妊婦は、お腹に打てないので太ももに打つことになりました。細い針なので、ほとんど痛みはないのですが、たまに痛点に当たるのか少し痛い時もあり、赤ちゃんのためとはいえ2か月も入院して、注射や食事制限もあり、涙が出てしまう時もしばしばありました。

34週を過ぎたあたりからは、インスリン注射にも慣れ、36週には退院して好きなもの食べるぞー!と
自分を励ましていました。36週に点滴を外すと、血糖値も下がりました。出産後の1か月検診でも問題なく、その後の健康診断などでも特に異常はありません。ただ糖尿病予備軍ではあるので、食事や運動に気を付けながら過ごしていきたいと思います。

後輩ママへのアドバイス

妊娠糖尿病は、点滴の影響でも起こりやすくなるので診断が下っても自分を責めず治療に専念してください。自宅に帰れば、食事に気をつけつつ、好きなものも食べれると思ってがんばりましょう。私は退院してすぐファーストフードを食べました。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!2 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /