よだれづわりの体験談

私流「よだれつわり」の対処法!

つわりの症状は本当に人それぞれですが、私の場合は「吐きつわり」「胃の膨満感」「よだれつわり」のトリプルパンチでした。
症状が出始めたのは6週頃からでした。
その中でも一番辛かったのは「よだれつわり」です!
「吐きつわり」や「胃の膨満感」は16週頃になると治っていきましたが、「よだれつわり」は産まれるまで続いたからです。
また「吐きつわり」などは周囲にもその辛さはある程度理解してもらえますが、「よだれつわり」はそもそもあまり経験する人がいないので、周りにも理解してもらえません。
情報量があまりないので、私なりに独自の対策をしていました。
まず、とにかくどんどん唾が溢れてくるので、常に空のペットボトルなどを片手にこまめに吐き出さなければいけません。
特に困るのが外出中ですよね。私は空のペットボトルにタオルを巻いて、飲み物を飲んでいるフリをしながら中に唾を吐いていました。
また、常にガムを噛んだり飴を舐めたりしながら唾を少しでも飲み込みやすくしていました。
この時注意しなければいけないのが、レモンなどの柑橘系の味を食べないことです!酸っぱいものは唾液の分泌を余計に促してしまうので注意が必要です!
そして、夜寝る時には両頬の内側に丸めたティッシュを詰めて、リスのような顔で寝ていました。
それでも夜中に何回かティッシュを交換しなければいけませんでしたが…
それでも、これらの 対策で少し楽になりました。
私の場合は16週をすぎた頃から少し唾液の分泌量は減りましたが、それでも産まれるまで続いたので、妊娠中はずっとガムを噛んでいました。
つわりはとにかく辛いですが、いつかは終わりが来ます!
可愛い赤ちゃんの為に頑張ってください!

後輩ママへのアドバイス

つわりはつらいですよね!
でも必ず終わりが来ます!
それを乗り越えれば可愛い赤ちゃんにあえますよ!

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /