切迫早産からの早産の体験談

切迫流産、切迫早産、早産を乗り越えて

普通に生理がきたと思ってました。

1週間で出血は治まりまた2週間後に生理がきて生理不順がなかった為におかしいなと思い念のため薬局で妊娠検査薬を買いすぐ調べてみました。

結果は妊娠してました。

翌日産婦人科に電話をして病院に行ったらやっぱり妊娠してました。

先生に言われた言葉は、「妊娠おめでとうございます。でも切迫流産で子宮の中に12cmも血の塊がありその血の塊が赤ちゃんを押し流してしまう可能性があります。赤ちゃんが助かる確率は30%もありません。」とハッキリ言われました。

12週になるまでは薬があまり使えないらしくただ安静にしてるしか方法はないみたいです。

私には上に2人子供がいたので常に安静にしてる訳にはいかず1週間後に病院に行った時には「血の塊が大きくなってるので入院してください。」と言われました。

でも私は「子供が小さいので入院はできません。何とか自宅安静はできないですか?」と聞くと先生は「ちゃんと寝たきり生活を守れるなら自宅安静で構いません。」と言ってくれたのでその日から家族に協力を得て寝たきり生活が始まりました。

安定期入るまでに血の塊はだんだん小さくなってくれました。

しかしまた出血をし、病院へ行くと「切迫早産です。今までのように寝たきりの安静生活してください。」と言われました。

薬を飲みながら寝たきり生活をしてました。

妊娠28週5日の朝6時半頃、トイレに行きたくて起きました。

普通にトイレに行って用をたした瞬間にお腹に激痛が走りました。

やばい!と思い布団で横になってましたが、なかなか痛みは治まらず痛くなるばっかでした。

旦那を起こし病院に電話をしすぐ病院に向かいました。

病院に行ったら先生から「陣痛が始まってます。今すぐNICUのある病院に救急車で運びます。」と言われ先生や看護師さんがバタバタしはじめ、救急車に乗り込みNICUのある病院へ運ばれました。

搬送先の病院で検査をしたらすでに2分間隔の陣痛でした。

「先生が来て、今から陣痛をおさえる点滴をします。」と言われ点滴をしましたが全く陣痛が治る気配はなく先生から言われたのが「陣痛が治まらないので今すぐに赤ちゃんを出さないと赤ちゃんもお母さんも命に危険があるので今から緊急帝王切開します。」と言われ不安と恐怖で頭の中が真っ白でした。

同意書にサインして手術着に着替え手術開始。

5分程で赤ちゃんが産まれましたが産声も聞けず赤ちゃんはすぐNICUへいきました。

私わ術後で動けないので赤ちゃんのとこに行けたのが術後2日後でした。

保育器の中では小さな赤ちゃんの体にミルクの管、点滴、モニター、人工呼吸器など沢山の管で繋がれてました。

看護師さんに赤ちゃんの体重を聞くとわずか992gしかありませんでした。

後日先生からは早産になった経緯を聞きました。

それは”常位胎盤早期剥離”という事でした。

これは赤ちゃんが生まれるよりめた先に胎盤が剥がれてしまう事です。

なねで早産は免れなかったそうです。

赤ちゃんはNICUに3ヶ月入院しました。

予定日頃に無事に退院できました。

後輩ママへのアドバイス

早産を経験して、とにかく沢山泣きました。

でも、早産で産んでしまっても自分を責めないでほしいです。

私も沢山自分の事を責めて沢山泣きましたが、赤ちゃんはお母さんの悲しい顔見ると不安になっちゃうので少し早くママに会いたかったんだね!と思うようにしてました。

赤ちゃんは親の心配をよそにすごいスピードで成長します。

赤ちゃんの生命力を信じてください。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!8 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /