切迫早産の原因として思い当たることの体験談

がんばりすぎてしまいました

妊娠発覚から約1ヶ月前に、職場で係り替えがあり、銀行のロビー案内係として働くことになりました。11月のことです。

とても忙しい支店だったのに加え、慣れない係に四苦八苦しながら1日中走り回る日々でした。その後12月末に妊娠が発覚。妊娠5週のときです。

職場の上司には安定期に入ってから話そうと思いましたが、立ち仕事であること、だんだん寒くなってくること(出入口の近くに控えていなければならず、冷風が入ってくる)を考え、早いほうが良いと思い、妊娠7週に話しました。

初めての妊娠だったこともあり、「できれば事務室内での仕事がしたい」と上司に話しましたが、大幅な係替えをしたばかりなので、もう少し待って欲しいと言われました。ただし、「体調に不安を感じたらすぐに事務室に入って休んで良い」「お客様が少ないときには事務室内での仕事をすること」を約束してくれたので、引き続きロビー案内係に携わることとなりました。

その後妊娠22週に退職をするまで、時々事務室内で仕事をしつつ、ロビー案内係として働きました。

妊娠23週に頻繁なお腹の張りを覚え、妊娠24週にお腹の張りがおさまらないことと、子宮頚管が2.9cmになっていることから、切迫早産、入院という流れになりました。

以上のことをふまえると、寒いロビーで長時間立ち仕事をしたこと、係替えをしたばかりで仕事に慣れていないため、それまで以上にストレスがかかってしまったこと、が原因なのではないかと思います。

また、入院時の診察でクラミジアに感染しているということもわかりましたが、この感染も原因のひとつなのかと思います。

先生には仕事内容もお話しましたが、「冷やすことはとにかく良くないよ」と言われた程度で、切迫早産になったはっきりとした原因をお話してくれることはありませんでした。

妊娠28週にはお腹の張りが落ち着き、子宮頚管も2.9cmから短くなることがなかったので、退院になりました。

その後は自宅安静でした。ハイリスク妊婦として週に1度は通院し、NST検査、超音波検査、内診を受け続けました。

妊娠36週6日に高位破水からお産が始まり、翌37週0日に無事、元気な男児を出産しました。

後輩ママへのアドバイス

仕事をしていると自分でも知らないうちに、またはわかっていながら無理をしてしまうことがあると思います。私も立ち仕事がキツいなと感じるとき、寒さが気になるとき、忙しくてがんばりすぎてるな、と感じるときが多々ありましたが、どこかで「まだ大丈夫だろう」と思い、なかなか休憩させて欲しいと言い出せませんでした。

仕事中は気が張っているからか、特別トラブルはありませんでしたが、退職してほっとした頃、切迫早産になってしまいました。

やはり身体は正直だなと思いました。

上司に言いづらい、忙しくて言えない、など事情はあるかもしれませんが、少しでも不安を感じたら遠慮なく、勇気を持って上司に相談することが大切だと思います。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /