切迫早産の原因として思い当たることの体験談

家事、育児による動き過ぎが原因

妊娠初期に切迫流産、中期に入ってからは切迫早産を言い渡されました。

20週に入る前から、臨月に入った後も継続したまま安静が必要だという指示のもと生活しています。


お医者さんに指摘されたのは、以下の3つです。

1.動きすぎている。子宮経管長が短くなり過ぎている

2.子供の世話(だっこ、かがむ姿勢)を控えるように

3.長時間立ちすぎていないか


また、お腹の張りも頻繁にありました。

このことも切迫早産に関係していると言われ、なるべく張らない生活をとのことでした。

とはいえ、上は3歳、下は2歳になりたての時期。

まだまだ手がかかりますし、抱っこはなんとか回避できても、かがまないなんて不可能です。

一切の家事と食事の準備は主人が行ってくれましたが、主人が仕事中の子供の世話を続けている限りは切迫早産は続くだろうな・・・という感じでした。


原因として思い当たることは、やはり動きすぎ。

もちろん、妊婦さんの状態によっては動いても全く問題ないこともあるでしょう。

今回の私の妊娠に限っては、安静が必要だったというだけのことです。

(今まで上の2人は、中期から臨月はマタニティビクスやヨガなどで動き回っていましたので)

出来れば、寝ているのが一番なのだと分かっていますが、それもなかなか難しい状態です。

後輩ママへのアドバイス

切迫早産と診断され、子供もいないのであれば、退屈でも横になって休むべきです。最悪の場合は入院になってしまいますから、どうぞ安静になさってください。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /