子宮頸管無力症の体験談

子宮経管無力症でも仕事復帰しました

二人目の子どもを妊娠して5カ月の頃、風邪引いて毎日のように吐いていました。食べることもできなくなって、受診日ではなかったですが、病院に行きました。妊娠中だったので、産婦人科にも見てもらい、赤ちゃんは大丈夫とのことで、点滴をしてもらい帰りました。その日が金曜日だったので、お医者さんが土日は救急外来に来て点滴を受けれるようにしてくれました。3日間点滴を受け、吐き気もおさまり、ホッとしていましたが、一応念のため、産婦人科の受診もしました。そこでいきなりお医者さんに言われたくのが、子宮筋無力症でした。3日間で経管が半分以下になってしまっていて、1㎝も経管がなかったのです。流産してしまうかもしれないから、今すぐにでも入院するように言われましたが、色々な事情もあり、次の日朝一に入院することになりました。入院するまではとにかく安静にするように指示を受けました。次の日、入院して直ぐお腹の張りを押さえる薬を24時間点滴して、トイレ以外はベットの上での安静でした。勿論、お風呂やシャワーもダメです。そんな状態が2週間くらい続き、経管を結ぶ手術を受けました。それからも1週間くらい入院をした後、退院しましたが、お腹の張り止めの薬をずっと飲み続けていました。お医者さんと相談し、動きすぎないことを条件に職場復帰もできました。職場の理解もあり、それから産休まで働くことができました。

急にお医者さんに子宮経管無力症と言われた時には流産してしまうかもしれないという不安でいっぱいでしたが、無事に元気な赤ちゃんを産むことができました。夫を始め、職場の皆さんやたくさんの人の協力にとても感謝しています。

後輩ママへのアドバイス

子宮経管無力症と診断されてとても不安だと思います。お腹の赤ちゃんを守れるのはお母さんだけだと思います。決して無理しないよう、頼れる人には素直に頼って下さい。きっと元気な赤ちゃんが産まれてきます。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!3 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /