子宮頸管無力症の体験談

上の子がいての長い入院。

一人目の時もなった切迫早産、二人目妊娠時はとても慎重に過ごしていたのですが、妊娠7ヶ月頃、実家の父が倒れ片道5時間を上の子を連れて車で移動したのが悪かったのかまたなってしまい、そのまま緊急入院。

診断名は子宮頚管無力症でした。

上の子は当時2歳。わけもわからず、突然ママもパパもいない父母の家で過ごすことになり可哀想で仕方ありませんでした。

その後、先生とのお話で1週間程様子を見てシロッカー手術を受けませんか?と…。

お腹を切る手術ではないにしろ、今まで手術なんてしたことがなかった私は不安でいっぱいでしたが、子供達のためにもがんばろう!と決意しました。

お腹の子ももちろん心配でしたが、上の子のことを思うと毎日胸が張り裂けそうで、よく助産師さんに話を聞いてもらっていました。

手術も無事成功しましたが、張り返しが強くそれからも1ヶ月ほど入院…退院が決まった時は、その場で小躍りしたいほど喜びました。(実際にしたら怒られちゃいますが)

上の子にもちゃんと事情を言って聞かせ、正産期まで無事何事もなく過ごせました。

が、シロッカーの抜糸はとにかく痛気持ち悪かったです(苦笑)

下の子も予定日超過で元気に生まれてきてくれましたよ。

後輩ママへのアドバイス

最初はびっくりします。不安になります。

子宮頚管無力症はお母さんのせいじゃありませんよ。

私が無理をしたから?なんて自分を責めちゃいけません。

これはどうにも、体質というものです。

私の知り合いは男の子ふたり両手に抱えて走ってても、子宮頚管無力症や切迫早産とは無縁でした(笑)

だからご心配なさらずに、しっかり休んで必要な治療を受けましょう。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!5 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /