子宮頸管無力症の体験談

自覚はありませんでした

妊娠18週の定期検診で切迫流産と診断され、入院しながらの治療をしました。それまで若干お腹の苦しさがたまにあった程度で、出血なども無かったため、普段通りの検診の気持ちでいましたが、診察の結果頚管長が1.8cmと短く、安静が必要な状態になっていました。お腹の張りを抑えるため24時間の点滴投与と、頚管長付近の炎症などを予防する為に患部付近への薬の直接投与を毎日続けました。医師からはとにかく安静に、ということでお風呂、トイレ、診察時以外は全てベットに横になって過ごしました。そのお陰か、最初の2週間で頚管長が2.8cmまで改善し喜んでいたのもつかの間、1週間後にはまた2cmに逆戻りし、そのまま短くなり続け、1ヶ月半後に3mmとなり、最終的に26週6日で出産になりました。この時に初めて子宮頸管無力症だったのでは、という診断を受けました。頚管長が3mmになった時は、トイレ以外はベットから下りないようにということで、食事はなるべく早めに済ませて横になり、体は看護師さんに拭いてもらい、シャンプーもベットの上で看護師さんに洗ってもらっていました。結果的に早産になってしまいましたが、今の医学は発達してますので、出産後はすぐにNICUで治療が始まり、初日の段階で起こりうる様態の変化に対しての全ての対応を説明していただけました。1才半になりますが、今の所子どもは問題無く成長しています。発達の遅れ(歩く、言葉)はありますが、正直正常に産まれても遅れだったりいろいろある子もいますので、無事に産まれてくれただけで私は満足です。通院、リハビリはしていますが、ゆっくりな成長に合わせて気長に日々を過ごしていこうと思っています。

後輩ママへのアドバイス

入院中、精神的緊張をなるべくしない様に、と言われましたが入院した時点で不安でいっぱいで無理でした。でも、今の医学なら早く生まれてしまったとしても病院でほぼ確実にとり上げてくれますし、治療もしてくれて私たちの腕の中に元気な子どもを抱かせてくれます。早産しないに越したことはありませんが、万が一早産になっても大丈夫なので、あまり自分を追い詰めず(実際、子宮頸管は自分の意思ではどうにもなりませんし)、子どもと一緒に暮らし始める休み無しの生活前の休息期間だと思って少しでもリラックスして過ごして頂けたらと思います。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /