マグセントの効果や副作用の体験談

切迫早産でマグセント地獄

28週に入ってすぐのことです。夜中に5分おきのお腹の張りと軽い生理痛のような痛みがあり、産科を受診しました。すると、頚管長も短く、子宮口も2センチ開大…。切迫早産と診断され、即入院となりました。入院当初はウテメリンの最小量を24時間持続点滴でしたが、張りが中々治らなくてどんどん増量。MAX量まで行きました。幸いなことに張りは治り、噂のウテメリンの副作用もなく落ち着いていました。ところが!!32週に入った日の夜中ですが、今まで感じたことのない強い張りが定期的にくるのを感じ、慌ててナースコール。即NSTをしましたが、陣痛なみの強い張りが3分おきにありました。ウテメリンだけでは張りを抑えられないと言われ、マグセント追加となりました。

マグセントもどんどん増量となり、MAX量までなり、ウテメリンとマグセントのダブル治療をしました。マグセントは私には合わなかったようで、辛い副作用に襲われました。一番辛かったのは血管痛です。点滴が入っている血管が痛くて痛くて…まるでインフルエンザの予防接種を永遠にされ続けているような感覚で泣きそうになりました。また、とにかく怠くなって目を開けてるのも嫌になるような感じです。汗もたくさん出ました。まるで、身体中の毛穴こ から汗が噴き出すような感じでした。とにかく辛くて辛くて挫けそうになりましたが、赤ちゃんのために頑張りました。

35週に入り、マグセントをオフ。ウテメリンを徐々に減量して36週5日で点滴を抜くことができました。

後輩ママへのアドバイス

マグセントの副作用はとにかく辛いと思いますが、ずっと治療が続くわけではありません。いつか必ず終わりがきて、かわいい赤ちゃんに会えます。その日を夢見て頑張って下さい。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!4 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /