マグセントの効果や副作用の体験談

切迫早産で4週間入院

二人、出産しましたが、二人共、切迫早産で入院しました。
マグセントを使用したのは二人目のとき。
もともと張りやすく、自宅安静指示がでていましたが、32週4日での検診で子宮頸管が10ミリまで短くなってしまったので、入院して24時間点滴で安静生活がスタートしました。
36週になれば、退院できるということで約一ヶ月の入院です。出産というゴールがあるので一日一日、数えながら過ごしていました。
マグセントは一時間10ミリリットルの投与からスタートしました。副作用は、ほてり、動悸、血管痛がありましたが、2日くらいしたら慣れました。私は張りやすく、張りが治まらなくて、すぐに流量一時間15ミリリットルに上がりました。流量が上がるたびに、副作用が、ひどくなるかもと看護師さんに言われましたが、そこまでひどくなりませんでした。毎日血圧、体温、胎児の心音チェックがあったので、何か異常があればすぐに対処してもらえる安心感があり、その点では入院もいいなと思いました。
張りが多い日は、マグセントの流量があがり、流量最大の一時間20ミリリットルまで上がりましたが副作用はそこまで気にならなかったので私には合っていたみたいです。一番辛かったのは、血管痛でした。マグセントは濃い薬なので、血管を通るときに、痛みがでると言われました。点滴を24時間したお陰で、張りは抑えられ、36週4日で点滴抜いて一度退院し、結局38週4日で3196グラムの元気な赤ちゃんを生むことができました。

後輩ママへのアドバイス

お腹の張りが、切迫早産に繋がると言われています。張りを感じたら、すぐに休んでゆっくりとした生活をしましょう。少しでもおかしいと思ったら、病院に相談!

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /