マグセントの効果や副作用の体験談

切迫早産で感じたこと

32週から36週まで点滴投与を行いました。定期検査時に入院しなければいけないと判断されて、その日に入院しました。点滴を24時間外すことが難しく一週間ごとに左右点滴を交代で付けました。点滴を外すことが出来ないために、入浴も出来ずに辛い毎日でした。時期も夏場でしたので、入浴ができないのは女性には辛いことです。ですが、早産になる危険もありましたので、仕方がないと思い4週を乗り切りました。薬のおかげで、はりも抑えることができました。特に薬の副作用はなく過ごすことができました。入院生活は辛いですが、食事などにも気を使ってもらえるので偏りない食事摂取が出来ました。毎日朝晩2回のお腹の張りがあるかどうかチェックがありました。35週頃に張りが強く、点滴の量を増やすことがありました。夜になると、お腹の張りが強くなることがあり、痛みも感じました。量を増やして、少し様子を見ました。36週頃には落ち着いてきたので、点滴を外すことが出来ました。あまり子供も大きく育ってはいませんでしたが、異常はなかったのでそのまま退院となりました。38週に無事男の子が生まれました。2キロちょっとではありますが、元気に生まれてきたことがとてもうれしかったです。

後輩ママへのアドバイス

大きなお腹を抱え大変なことはたくさんあると思います。無理な運動はせず、休むことも大事だと思います。出産初めての人は、心配なことが多いと思いますが、家族に手伝ってもらうことが一番だと思います。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /