マグセントの効果や副作用の体験談

私のマグセント投与体験

私の場合は重度の子宮頸管無力症で、12週で子宮頸管縫縮術を受け18週から長期入院になりました。

入院当初はウテメリン点滴でしたが、副作用の顔面痛で一旦中止し内服で様子見を1ヶ月ほどし22週で1A20mlの点滴再開。

ですが、医師がマグセントの方が副作用が少ないからと翌日には変更となりました。


マグセント1日目

10mlから始めて薄める用の液体も一緒に流していましたが、すぐにビリビリとした血管痛が始まり、目がシバシバ、火照り、怠さ、多少の頭痛、喉の違和感、無気力、息苦しい、気持ち悪いなどの副作用が襲ってきました。

尿量もチェックもあり気持ちはどんどん沈み、食事もできない状態に。


マグセント2日目

朝、牛乳を飲んでみましたが数時間後に嘔吐。

血中濃度が高いとのことで10ml→8mlに減量になりましたが、副作用は楽になりませんでした。

それに加えて便秘、毎日マグミットを飲んでいたにも係わらずマグセントにしてから全く反応がなくなってしまいました。

そして一番大事な張りですが、マグセントに変更してから逆に張りが増えるという結果に・・・。


マグセント3日目

相変わらず食事ができない様子を見た医師がウテメリンに1A20mlに戻してくれました。


私のマグセント体験は3日間でしたが、体験談などで良く目にしたように本当に辛い薬でした。

実際に出産になったのは30週です。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!2 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /