マグセントの効果や副作用の体験談

お腹の張りとの闘い、辛かった管理入院

妊娠6ヶ月頃からお腹の張りを感じるようになりました。何となくお腹が固くなってきて少し苦しいなと思ってました。その頃はすでに1ヶ月に1回の検診だったので検診日まで待ってました。そこで先生に相談したら凄く張ってるよ!と言われて検診日じゃなくても受診はするようにと注意されました。そこで最初はウテメリンの錠剤から始めました。前よりは苦しくないかなと思っていたのですが不安だったので再診してもらいましたが、子宮頸管が短くなっており切迫早産と診断されそこから管理入院になりました。ちょうど七ヶ月になったところでした。管理入院になってからはウテメリンの点滴に変わり8ヶ月の半ばには効果がなくなってきて、自分でも張っているのがよくわかりました。それからマグセントに変わりました。ウテメリンの副作用もありましたがマグセントは凄く体がだるく重くなり絶対安静でしたが辛かったです。気持ちも悪くなり吐いてしまうこともしばしばありました。トイレに行くのも一苦労でした。エコノミー症候群予防にベットで足を回したりしなくてはならなかったのですが本当に自分の体じゃないくらいだるかったです。効果はあったみたいで何とか37週までいけたので私の限界もあり帝王切開で出産しました。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!4 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /