マグセントの効果や副作用の体験談

切迫早産を乗り越えて

妊娠当初から小柄なためにお腹が張りやすく、7ヵ月に入った頃、腹痛に襲われ切迫早産の診断で急遽入院することになりました。ウテメリンとマグセント、硬膜外麻酔を併用し、マグセントは時間10~20mlで35週まで調整しつつ投与し安静加療していました。
入院初日から、動悸息切れ、吐気嘔吐が続き、慣れてきたのは入院から一か月たった頃でした。子宮頚管無力症にて子宮頸管縫縮術を入院から一週間後に施術しましたが、お腹の張りは一向に収まらず、35週までの入院となりました。お腹が大きくなるにつれて、張る回数は多くなっていきました。
入院の目的は安静のため、入院してからシャワーを、浴びれたのは3回、術前、入院から1ヵ月後、退院する前日。
あまりケアに力が入ってない病院だったのか、体拭きの声がかかったのは何故か退院する3日前でした・・・。
話しかけるのも、忙しそうなので気が引けてしまって。
同室のママさんと励まし合いながら、なんとか入院生活を乗り切ることが出来ました。
35週に入れば赤ちゃんが産まれても殆ど問題ないとのことで、35w3に退院。
点滴はお迎えの時間まで続け、退院翌日もウテメリンの点滴だけ行いました。
退院して2日後の明け方破水し、促進剤を使い8時間後に出産しました。
入院中はとても辛かったですが、無事に生まれてきてくれて、あの時頑張ってよかったと本当に思います。
妊娠中は楽しいことばっかりなのかなと雑誌などを見ると思いますが、本当に十人十色。
私にしかできない体験だったと思います。

後輩ママへのアドバイス

切迫早産は人それぞれ違います。
無理をせず、少しでもおかしいかなと感じたらドクター、ナースに相談して下さい!

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /