妊娠糖尿病(GDM)の体験談

妊婦健診は優等生だったのに妊娠糖尿病

妊婦健診で検査項目にある「糖」「蛋白」「むくみ」は、常に『−』で全く問題もなく、妊娠初期に実施する血液検査でも問題はなかったのに妊娠24週で受けたブドウ糖負荷テスト(甘い炭酸水を飲む検査)で引っかかりました...。翌週詳しく再検査したところ、『妊娠糖尿病』と診断されました。

私の健診(分娩予定)していた病院は総合病院だったので『糖尿病内科』を受診し、血糖値を測定していくことになりました。

私の場合、空腹時は問題なし、食後2時間の数値が高いままなので毎食後2時間で測定しました。血糖値測定自体は、怖いものではなかったです。指先を小さな針でプチッとほんの少量の血を出して測定器で測定するだけです。毎食後なので面倒くささはありましたが...。

そして、食事は制限しないこと(妊娠中なので)その分、運動ができるならしましょう。それから甘いもの、お煎餅など糖質(炭水化物)の多い間食は控えましょう。との指導がありました。これがクリアできないと「インシュリン注射」だったので、食事と運動は言われた通り頑張りました。食べ方も、糖の上がりがゆるやかになるように野菜から食べるようにしたり、毎朝食事前に青汁を飲んだりしていました。

その甲斐あってか、たまに高い数値が出る時もありましたが、ほぼ問題なく、出産までこぎつけることができました。

後輩ママへのアドバイス

私は、妊婦健診では常に「糖」「蛋白」「むくみ」は「−」でした。それでも妊娠糖尿病になりました。まず、この検査は必須ではないそうなので病院によって実施していないところもあるそうです。もし、妊娠糖尿病が心配な人は、病院に確認してみることです。(血縁に糖尿病がいる人はなりやすいそうですが、私はいませんでしたが...)

それから、もし妊娠糖尿病になってしまっても、辛い食事制限や運動は、妊娠中なのでよくありません。できる範囲で行って、それでも血糖値が高い場合は、インシュリン注射を打てば良いのです。私も先生にそう言われました。私は幸いにも指導してもらった方法で問題がなかったのですが、お腹に赤ちゃんがいるのに糖質制限などするなど危険なこと。インシュリン注射は赤ちゃんには害がないので安心してください。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /