妊娠糖尿病(GDM)の体験談

妊娠糖尿病になりました

まず、50gブドウ糖負荷試験に引っかかり、再検査で75gブドウ糖負荷試験を行いました。その結果、妊娠糖尿病と診断されました。内科で受診することになり、75gブドウ糖負荷試験や他の血液検査の結果から、まずは、食事療法と食後2時間後に血糖値を測定することになりました。具体的には、体重から一日の摂取カロリー計算し、そのカロリー分を一日5回に分けて食べました。血糖値は2時間後に120 mg/dl以下が目安と言われました。食事療法で、血糖値をコントロールできなければ、インスリン注射をすることになると言われました。幸い、軽度だったためか、食事療法で血糖値をコントロールできました。

赤ちゃんには影響は全然見られず順調で、一般的に妊娠糖尿病になると、赤ちゃんが大きくなりがちなのですが、私の場合は生まれるまでずっとやや小さめでした。

妊娠糖尿病と診断されたときはとてもショックでした。普段から健康的な食事をしているつもりだったし、妊娠糖尿病になりやすいとされている項目(肥満、高齢出産、親が糖尿病等)にも当てはまらなかったからです。赤ちゃんに影響が出たらどうしようと不安でした。でも、血糖値をコントロールできれば問題ないと言い聞かせ、食事療法を頑張りました。

後輩ママへのアドバイス

今思うとかなり思いつめましたが、そこまで思いつめることはなかったと思います。赤ちゃんに影響が出ないように妊娠糖尿病の検査があり、発覚してからちゃんと血糖値をコントロールすれば赤ちゃんに影響がでる可能性はとても低いので。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /