妊娠糖尿病(GDM)の体験談

妊娠糖尿病って本当にツライ!

1人目の時は、糖の検査はあったものの、糖の検査基準が低く優しかった為、

引っかかる事はありませんでしたが、

最近になってなのか、検査基準が厳しくなったとの事ですが、

その時にはすでに遅かったです。

糖の検査で、アウトな結果に…確かに、1人目の出産も引っかかる事のなかった

糖の検査。だからこそ、あまく見てました。

食べたいものは食べていたし、

体重増加も1人目とはほぼ一緒。

1人目の妊娠前の体重と2人目の妊娠前の体重は増加していました…

検査後、すぐに入院してください、との事。

仕事もあったから、すぐには出来ず、引き継ぎをして

1週間後に入院となりました。

1週間、インスリンの注射について、食事制限について、

採血の方法について、練習の毎日。

自分にインスリン注射を大きな赤ちゃんのいるお腹に注射するときには

さすがに、恐怖を覚えました。

1週間の入院後、退院してから、自分で食事制限。私の場合は、

3回の食事から、何回にも分けて分食していきます。

御飯前に採血糖検査。先生から、指示された量のインスリン注射後ご飯。

御飯後、採血。

これが、分食しているので、1日5回~6回の採血で、手から採血するので、

水を使うにも、痛くなります。

毎日、先生に報告。

どんどん、上手くいけば、インスリン注射の量が減っていき、

インスリン注射なし。でいけますが、それが大変で、すごく頑張りました!

後輩ママへのアドバイス

私も、妊娠していて、ふんわりとした考えしかなかったのですが、

ちゃんと、自分の体重管理や食生活にしっかりと向き合っていければよかったのかなと思っています。

どうしても、遺伝のものもあるし、

妊娠すると、インスリンの力が弱まり、妊娠糖尿病になりやすくなるので、

つらい!と思うことはたくさんあるけど、

赤ちゃんを無事にうみたい!という気持ちは誰にも負けないと思います!

だから、何があっても、ママが負けないで頑張ってもらいたいです!

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!2 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /