妊娠糖尿病(GDM)の体験談

妊娠糖尿病

私は高齢だったこと、BMI値が27だったこともあり、初期段階で糖尿の検査をされました。

それまで、健康診断でも一度も引っかかったことがなかったので全く気にしていなかったのですが、結果はOUT。検査3項目のうち1つの数値が1ポイント上回っていただけでしたが、先生の判断は厳しく、妊娠4ヶ月に入ったところで検査入院。
妊娠糖尿病になると毎日自分でお腹にインスリンを注射する必要があるための練習入院でもありました。

インスリン投与は基本的には毎朝起きてすぐに1回注射でしたが、血糖値の検査は1日7回。専用キットで指先から血を取って数値を測りました。
その数値を検診時に提出して、インスリンの量を決めてもらいます。

食事療法も必要になり、糖質の高いものはなるべく少なめに、運動も必要、検診も通常の倍以上になります。
元々朝食を食べたり食べなかったり、食べても適当に済ませていたせいで血糖値が上がりやすい状態になっていると言われ、毎朝、たっぷりのサラダときちんとした朝食を心がけましたが、なかなか調整がうまく行かず、最初の検査時は1ポイントくらいいいじゃん!と思っていましたが、大間違い。血糖値はどんどん上がり、インスリンの量もどんどん増えました。

インスリンが増えると逆に低血糖になることも増えました。低血糖になると眩暈がしたり、ボーッとしたりしてしまい、ブドウ糖を舐めたりして調整しました。
こんなんで大丈夫なんだろうかと毎日不安でした。
でも、赤ちゃんのため!と頑張り、妊娠後期には数値も安定してきました。

そんな頃、安定してきたから大丈夫だろうと気が緩み、インスリン投与を忘れることがありました。でもそれは結果としてすぐに現れてしまい、インスリンに助けられているんだと、実感しました。

出産当日まで続くし、産後も糖尿病になる確率が低くはないと聞いていたのでかなり不安でしたが、出産自体はスムーズに終わり、結果、糖尿病も妊娠時だけで済んだので一安心。

妊娠中に食事コントロールもしっかりしていたおかげで、逆に余計な肉が落ち、妊娠前と出産直前の体重はほぼ変わらず、結果的に産後の自分だけの体重は妊娠前より約10kg落ちていました。

後輩ママへのアドバイス

食事制限や運動、インスリン投与や血糖値検査とう、大変なことが続きます。インスリンも検査キットも、針が細いのでそれほど痛くはないです。ただ回数重ねればやっぱり痛くもなります。でも全ては赤ちゃんのため!自分のため!永遠に続くわけではない、ゴールのあるものだからと、がんばってください!

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /