排卵日付近のおりものの変化の体験談

排卵日前のおりものの様子

私の場合、排卵日2~3日前になると大量の透明なおりものが出てきます。状態はさらさらしています。
同じ時期に排卵痛?と思われるような症状もあり、子宮の近くがちくちく痛みます。
排卵日前の透明なおりものは、卵の卵白のようにどろっと出ることもあるのでおりものシートを1日のうちに2~3回は変えていました。
そして排卵日当日?と思われる日になると、私の場合おりものはなくなります(月によっては極端に少なくなる程度のときもあり)
今回タイミングをはかったのは、排卵日と思われる日から1週間前の1回→そこからさらに3日後のおりものが出だした日に1回→そこからさらに3日後の排卵日翌日と思われる日に1回→おまけでさらに翌日の1回の計4回です。
実際にどの日のタイミングで受精したのかは定かではありませんが、この翌月に妊娠検査薬を使用して陽性反応が出て、無事妊娠成立に至りました。
妊娠が分かってから、またおりものが出るようになり、そのおりもの自体は排卵前とは違いにおいも多少あったり、色味も黄味がかっていて風邪をひいたときにでる鼻水のような色合いだったので少し心配になりました。が、その後の妊婦健診でクラミジアをはじめ様々な検査をしてもらいましたが特にひっかかることもなく陰性でした。
少しでも気になったら早めに受診されることはおすすめします。
また、妊娠を希望しだしてから、おりものの状態を気にし始めましたが、さらさらの透明なおりものが出始めたらまもなく排卵日のしるし!と、割とわかりやすかったので数か月様子を見るのを試してみてよかったと思いました。

後輩ママへのアドバイス

いろいろな口コミサイトや雑誌等でも目にするかもしれませんが回数を重ねることが受精率をあげるのだと思います。1回のタイミングで妊娠されるかたのお話しも聞きますが、この妊娠成立の前は1週間に1回のタイミングしかとることができなかった時期などは、やはり受精までは至りませんでした。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /