切迫早産での自宅安静の体験談

現在33週、切迫早産で自宅安静中

現在33週の三人目妊婦です。上に5歳と2歳の娘がいます。27週のとき、検診で子宮頸管2.1cmで切迫早産と診断されました。それまで保育士の仕事をしていて、何もなければ産休に入るまでは仕事をしたいと思っていましたが、すぐ職場に電話。事情を話して、早めの退職をお願いしました。それからは張り止め薬(ウテロン)を一日六錠飲んで、自宅安静。家事や娘たちのお世話は主人と同居している義母にお願いして、私はトイレ、食事、シャワー意外は布団で横になっています。検診以外は外出もしていません。最初の一ヶ月くらいは、家族に迷惑をかけてるストレス、自分が動きたくても動けないストレス、娘たちに何もしてあげられないストレスなど、たまってしまい、少しのことで涙がでてしまったり、イライラしてしまったりすることもありました。今は自分も周りもこの生活に慣れたのか、あまりストレスを感じなくなり、卵を温めてる親鳥のような気持ちになってきました。仕事をやめて、自宅で安静にしていたからか、子宮頸管の長さも伸びて、29週で3cm、31週で34cmになり、お腹の張りも落ち着いています。引き続き張り止め薬を飲んで、なるべく安静にして、正産期までがんばりたいです!

後輩ママへのアドバイス

切迫早産で入院になると点滴の副作用やストレスで大変だと聞きます。上にお子さんがいらっしゃる場合は、より心配ですよね。家族など甘えられるところは甘えて自宅安静頑張りましょう!

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!4 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /