切迫早産での自宅安静の体験談

切迫早産での自宅安静の過ごし方

過去2回の出産で切迫流産診断の経験(15週未満時に言われました)あり、今回の妊娠は切迫流産&切迫早産の診断を受けています。


切迫早産と診断されたのが20週を過ぎてから。

もともと切迫流産の傾向で注意を受けていましたので、切迫早産の診断名に切り替わっただけとも言えますが・・・。

当時から入院は打診されていましたが、3歳、2歳になりたての子供がいるため入院は回避して張り止めと、自宅安静で乗り切ろうとのことでした。


中期に差し掛かって行ったのは以下の内容です。

1.子供のお風呂は、だっこ、寝かしつけは主人におまかせ

2.家事と食事はいつも通り自分で

3.できるだけ横になる


この3つを試みましたが、一向に張りは治まらず、切迫早産の指摘は続きました。

子宮経管が短くなっており、手術しないといけないかも・・・という状態。

これ以上ひどくなったら入院だと言われ、試みたのが以下の内容です。

1.子供の世話を主人の実家にお願いする

2.家事、食事は主人担当

3.基本的に動かない。寝ている、食事以外は動作を控える


こうすることで、なんとか保てています。

切迫早産の診断自体は解除されていません。

感じているのは、立つ、座るという動作が体に与える負担の大きさ。

やはり横になっているのが一番のようです。

後輩ママへのアドバイス

切迫早産というと不安に感じますが、本当に安静にしているほかないのだと思います。自宅安静の場合は、ご主人の協力が欠かせません。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /