切迫早産での自宅安静の体験談

切迫早産での自宅安静

32週の定期検診の数日前に2回ほど鋭い痛みがありました。

検診のときに赤ちゃんの動きが激しいこと、痛みがあることを言うと内診してくださり

子宮けい菅が短くなっていること

頻繁に張りがあることなどを言われ、切迫早産と診断されました。

副作用があるけど張り止めの薬を飲むか

家で寝たきりになるか選ぶように言われ

自宅安静を選びました。

座ってもダメ、重たいもの持ってもダメと言われました。

もぅ32週を過ぎており体重も2500グラムあったので

まぁ万が一産まれてしまっても大丈夫と言われたのであまり動かないようにはしましたが気楽に過ごしました。

お腹が大きく、胃や肺を圧迫していたので

横になっているのが苦痛で、腰もいたくなるし、呼吸もしにくくて心拍数もあがっており夜もあまり眠れない日々だったので絶対安静と言われても無理がありました。

真夏の異常気象のような暑い日が続いていたので

日中は家の中で静かにすごし

夕方すこし涼しくなってから車で

赤ちゃん用品を買いに行ったり近くの銭湯に行ったりしてすごしました。

お腹が重すぎて動くより安静の方が辛かったのですこし気分転換に外出していました。

何度か継続的な痛みはありましたが、出産には繋がらず

予定日も超過して誘発剤を服用しての出産となりました。

後輩ママへのアドバイス

予定日よりも早く産まれる、すぐ産まれるとずっと脅され続けましたが、結局予定日過ぎても産まれませんでした。

いつ生まれても大丈夫な体重だったので気楽に過ごしたのが良かったのかな、と思います。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /