妊娠超初期の症状の体験談

4週目で妊娠発覚

私の妊娠超初期は、殆どいつもと変わらない生活でした。むしろ、韓国旅行に行ったり、仕事終わりの飲み会にも積極的に参加していました。特に体調にも変化はなく、健康そのものでした。変化があったのは、妊娠3週目のことでした。そのころ、茶色いおりものが出た着床出血がありました。その時はすぐ着床出血だとはわからなかったのですが、生理でなない出血が1日続きました。しかし、そのあとも特に体調の変化はなく、生理予定日から2日後に妊娠検査薬を使用したときに妊娠が発覚しました。
妊娠超初期は妊娠していることに気が付かない人もいるみたいですが、私の場合は予定日を2日過ぎた段階で1度検査をしたとき薄い反応線で、その後急激に悪阻がやってきて再度検査をし、病院に行って詳しく検査をしてわかりました。それが妊娠4週目のことです。正直、かなり早い段階で悪阻によって妊娠がわかったと思います。妊娠超初期の土壇場でバタバタと大きな変化がありました。突然のことでかなり戸惑いましたが、その後も悪阻が治まることはなく、安定期に突入するまでの4ヶ月間ずっと苦しみました。毎日食事をするのが苦痛で体重も3キロほど減ってしまうほどだったので、もう少し気付かずに過ごしていれたらよかったなと思いました。

後輩ママへのアドバイス

妊娠超初期は、まだあまり変化がなく。正直、私も妊娠4週と診断されてもそれまでの4週間も妊娠中だったなんて実感は全くありませんでした。生理予定日を過ぎてしばらくするともう5週目ということですし、妊娠超初期の期間は生活も変えずいつも通り過ごしても大丈夫だと思います。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /