妊娠超初期の症状の体験談

初めての妊娠と喜びと不安

当事24歳だった私は、大好きな彼と同棲をしていました。
子供が大好きだった私ははやく子供がほしく、結婚はしていませんでしたが
子作りをすることに。
半年たっても中々子供ができませんでした。
このまま、一年以上もできなければ不妊治療しなくてはいけないのだろうか。と
すごく不安だったのです。
7ヶ月たったころに、仕事から帰宅すると
なんだか体調が優れませんでした。
熱をはかると微熱程度でなんだか吐き気もしました。
この症状がでたのが3週目です。
職場に電話で体調が優れないことを伝えると、
「妊娠してませんよね?」と言われ、そこで気付いたのです。
ただ、毎回生理はきてたので期待もしてませんでした。
が、妊娠してたら嬉しいという反面不安もありました。
まだ3週目だったこともあり、生理予定日より前でした。
妊娠検査薬は生理予定日の1週間後でしたので、1週間後にしてみると
妊娠が発覚したのです。
今でも嬉しかったのを覚えています。

後輩ママへのアドバイス

これからお子さんを産む人、今子育て真っ最中の人
いろんな喜びと不安もあると思います。
でも、子育てに正解はありません。
妊娠中にも完璧を求めるのもちがいます。
あまり、神経質にならずに気楽に妊娠生活をおくりましょう。
子育ても、人生のうちの一瞬です。楽しみながらできるといいですね。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /