妊娠超初期の症状の体験談

妊娠超初期症状の体調の変化

もともと生理不順のため、2人目がなかなかできず自分なりのタイミング療法で排卵日付近には排卵検査薬と、毎日基礎体温はつけていました。


高温期7日目(2周と5日)に顔に吹き出物ができ、卵巣がチクチクするような感覚がありました。

高温期12日目(3週と3日)の夕飯、家族でラーメン屋さんにいる時に天井がまわる目眩に襲われました。少し休みましたが、食欲はありこってりラーメンを完食できました。この日の昼間、茶オリがでていました。

高温期15日目(3週と6日)に温泉に行きました。いつもよりのぼせるのが早く、長く浸かっていられませんでした。下半身がどーんと重い感じがしたのでそろそろ生理がくるのかな?と思いました。

高温期16日目(4週と0日)、背中や股関節が痛かったです。

高温期18日目(4週と2日)、夜腹痛で下痢でした。

高温期21日目(4週と5日)、胸が張ってきました。夜腹痛におそわれ心配になりました。

高温期24日目(5週と1日)、背中がすごく痛くなりました。

高温期28日目(5週と5日)、軽い悪阻があるような気がしました。

高温期29日目(5週と6日)、腹痛で下痢でした。

高温期31日目(6週と1日)、産婦人科で初診をしてもらい陽性。

胎嚢と心拍確認できました。

後輩ママへのアドバイス

妊娠初期は下痢が多く、化学流産や稽留流産、自然流産など心配することが多かったですが、ストレスをためず、前向きに考えるように頑張ってください。目眩が多かった時期くらいに着床したのかな?という感覚です。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /