妊娠超初期の症状の体験談

妊娠超初期での体調の変化

熱かな?と思うほど妊娠3週目から身体がポッポ熱かったです。基礎体温をつけていたので高温期が続いていたのはわかっていましたがそれにしても今までの高温期とは違った身体全体の重さが気になり、何をするにもだるく、風邪をひいたような症状と同じでした。
思い返すと妊娠2週目には駅から自宅まで10分の距離も休み休みでないと歩けなくなったことがありました。その時は風邪のような微熱感や身体のだるさはなく、たまたま疲れが溜まっていたのかな?というくらいにしか思っておらず、通り道の全てのコンビニに立ち寄っては飲み物を買ってダラダラ飲みながらゆっくり歩いたり、ベンチがあれば座って休み友達に電話をかけて元気をもらってなんとか家までたどり着きました。その頃から少し頑張りすぎると動悸が激しくなったりもしました。同じく妊娠2週目の頃右足の付け根に少し違和感もありました。初めはそのうち治るだろうと普通に生活していましたが痛みは数日続き、とても痛むわけではありませんでしたが右足に体重をかけたくないと思ってしまうほどジンジンした痛みになってきていたのでなるべく右足に体重をかけないようかばいながら歩くようになりました。ですが足の付け根の痛みはその後一週間ほどで無くなりました。
よくドラマなどで妊娠に気づく展開ではつわりのシーンが多かったのでそういうものだと思っていましたがつわり症状とはなくなんでも食べられました。匂いに敏感になることも無かったです。

後輩ママへのアドバイス

ほとんどの方がつわりからだと思っていましたが初めてつわり以外にも色々な症状があることを知りました。些細な体調の変化でも妊娠の兆候なのかもしれません。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /