妊娠超初期の症状の体験談

胸の張り、生理前だと思ったら・・・・・・

元々生理不順の体質で周期も月もバラバラだったので、生理が来る前の胸の張りや腰の痛みでいつも予測していました。それも原因の1つなのか、妊娠を希望してからなかなか授からず、毎回生理前の症状が来る度落胆する日々が2年続いていました。基礎体温も付けてはいたのですが、生理不順の為正確なデータが取れず、体温も平熱が続いていたので妊娠の期待はあっても自覚は全くありませんでした。当時は自然妊娠を諦めかけていて、不妊外来でホルモンの自己注射を始めて2ヶ月目の頃でした。妊娠超初期の症状は4週目の頃、走った時に胸の張りと痛みを感じた事です。けれど何故かこの時期に体温もガクッと低くなったので、てっきりまた生理が来るものだと思い込んで「今回も無理だったか」とガッカリしていたのを覚えています。いつもならその後、腰やお腹の痛みも加わって1週間以内で生理が来るのですが、2週間が過ぎても生理が来ず、胸の痛み以外に生理前独特の症状も無く、下がっていた体温も高くなってきたのでもしかして……と期待半分で検査薬をしてみたところクッキリと陽性反応が出ました。それでもまだ半信半疑で不安は拭えず、翌日に病院で妊娠の診断を頂きようやく喜ぶ事が出来ました。

後輩ママへのアドバイス

妊娠超初期の頃は、特に妊娠を希望されている方は小さな事でも敏感に反応してしまいがちです。私がそうだったのですが「もしかして妊娠してるかも」と期待をしすぎると違った時の落胆は大きいです。あまり神経質になりすぎず「分かる時がくれば分かるんだから」ぐらいのゆったりとした気持ちで、検査が出来る時期を待って下さい。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /