妊娠超初期の症状の体験談

私が経験した“妊娠超初期の症状”について

今回、私が体験した“妊娠超初期の症状”について書いていきます。


私がこの症状を体験したのは妊娠5週の頃でした。

私の場合、月経周期が基本的にいつも同じ間隔で、ほとんど毎日基礎体温をつけて記録していました。


その頃、会社員で働いていましたが、立ち仕事がメインだったのですが、妊娠5週目に入る前くらいから、いつも通りの仕事量なのになぜかある時から毎日きつく感じたり、仕事で立っている時間もいつもと同じくらいなのに、やたら足や腰が疲れやすくなったりと、あれ?と思う事が増えていきました。


この時は、まだ産婦人科を受診する、という事は全く頭に無く、ただただ最近疲れが溜まってきてるのかな?というくらいに軽く考えていました。


あとは、夜に睡眠時間を長くとらないと体のだるさが抜けない、というような感覚も経験しました。

休日もなるべく早起きを心がけていたのですが、これも5週目くらいを境に、休日がなかなか起きにくくなり、お昼に起床する、といった事も多くなったり、お昼に起きたのにしばらくしてまた眠くなる、という事もあって、徐々になんだか調子が悪いのかな?と思うようになりました。


そして、いつも定期的だった月経が遅れた事をきっかけに、6週目の終わり頃に産婦人科を受診したところ、妊娠が発覚しました。


そのあとにスマホでいろいろ妊娠について調べていた時に、人によっては“妊娠超初期の症状”が出る事がある、と知って、今まで感じた不調がこれだったのか!と納得しました。

後輩ママへのアドバイス

妊娠超初期の症状は、出る人と出ない人がいるそうで、出ない人の方が多い、とも言われているそうです。

私が経験した症状はそれほどきついものでなく、『なんか違うかな?』という程度だったのでそれほど生活面にも支障はありませんでした。


もし、いつもと違うような体の調子があって、妊娠の可能性が考えられる事があったら、不安になる事もあるかと思いますが、まず体を一番に考えて早いうちから無理をしないようにして、産婦人科の受診をおすすめします。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!2 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /