妊娠超初期の症状の体験談

いつもと違う生理前の体の変化

私の場合、毎月の生理周期は28日で、排卵期も高温期と低温期の2層にはっきりと分かれていました。
生理時期は2日目と3日目に痛みがあり、鎮痛剤を飲んでいました。
子宮周りと腰の痛み以外はありません。
過去に妊娠・出産経験はなく、初めての妊娠でした。

その月は前回の排卵日付近でタイミングを取っていた月でした。
生理予定日の前日、朝方に目が覚めました。コーヒーを飲もうかとキッチンに立っていたら、胸の辺りがムカムカしてきたのです。
私は元々が体が丈夫で病気知らずな健康体なので、風邪も滅多にひきません。
その時は、気持ち悪いのは風邪の予兆かな?と思いました。
そしてその日の午後、今度は立っている時にめまいを感じました。
メニエール病などめまい系の持病もなく、生理の時に立ちくらみはたまにありますが、そのめまいは座っている状態から立った時に限定されます。
何かおかしいと思いつつ、その日はやり過ごしました。
そして翌日の朝に再度胸のムカつきを感じたのです。
その日は生理予定日。されど生理の兆候はありません。
毎月、生理前には軽いチクチクとした腹痛があります。それと目の下が白っぽく、貧血気味になるのですか、この時はそれらが一切当てはまりませんでした。
私はすぐさま、買い置きしていた妊娠判定薬を使用しました。
結果は陽性でした。

後輩ママへのアドバイス

生理予定日前に吐き気やめまいなどが出る、こういった妊娠兆候が全ての方に当てはまるということではないのですが、私の場合はいつもと違うなと感じました。何かが違う、何かが起こっていると第六感のようなものが働いた気がします。
また、妊娠関係の本によく書いてある「風邪の初期症状と似ている」というのは、本当でした。
なので、自己判断で早目に風邪薬などを飲んでしまわないように注意が必要です。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /