妊娠超初期の症状の体験談

3週目の妊娠超初期症状

人工授精を行った周期だったので身体に敏感だったこともあり、妊娠超初期症状は色んなものがありました。たとえば、着床時期の高温期6日目、ぎっくり腰になったような腰痛があり、翌日も下腹部痛や背中の痛みなどが続きました。高温期11日目から基礎体温が37度を超え、下がることはありませんでした。高温期13日目からはPMSの症状が出始め、吐き気や胃もたれ、頭痛などがあり、オリモノも増えてきました。良く行くレストランで普段と同じものを注文したにも関わらず、半分の量で満腹感があり、胸やけがあったので、おかしいな?と思い、妊娠検査薬を試したところ陽性反応が出ました。しかし、高温期17日目には今にも生理が来そうな下腹部痛があり翌18日目にも焼けるような下腹部の痛みがありとても不安になりました。人工授精後にhCG注射を打つので妊娠したような身体状態になりますが、妊娠しなかった周期は徐々に体内からhCGが消えていくに連れ胸の張りや吐き気がおさまっていました。しかし妊娠した周期は高温期12日目頃からまたhCGを打った直後のような症状が出始めました。着床出血などはなく、ただただ気持ちが悪い、頭が痛い等の体調不良が続き、いわゆるツワリのようなものが3週目から始まりました。

後輩ママへのアドバイス

妊娠を望めば望むほど妊娠初期症状が出やすいのかな、と思います。妊娠していなかった周期とした周期は明らかに体調が違ったので、「これは!」と確信しました。いつもと違う症状があれば3週目でもフライング検査で調べてみるのも良いかもしれません。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!3 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /