妊娠超初期の症状の体験談

私の妊娠超初期症状

結婚して一年ほど経ってから半年程妊活をしてやっと長女を妊娠しました。何も知らず最初は簡単に妊娠できると思っていましたが、想像よりも妊娠することがこんなに難しいと分かり、落ち込んだり焦ったり色々とありました。それだけ待ち望んだ妊娠だったので、妊娠がわかったときは「今までとはなんか違うぞ?」と感じるものがありました。
長女の妊娠がわかった頃は4月の中旬。外は肌寒い日もまだあったのに、その日は会社帰りなんだか身体が熱くて熱っぽいような感じと身体のだるさがありました。
妊活中だった私は風邪よりも先に妊娠を疑い、家に帰ってから用意してあった妊娠検査薬「ドゥーテスト」で検査(このとき生理予定日3日程前のフライング検査です)しました。すると、うっすらーと陽性の線が!
次の日もその次の日も毎朝検査をしていき、日に日に陽性の線は濃くなりました。
私の場合は、熱っぽい、だるい感じが妊娠3週頃から妊娠12週頃までありました。その後妊娠4ヶ月頃につわりが始まるまで、熱っぽさとだるさ以外特に身体に変化は感じませんでした。
妊活中でなければ、風邪かな?で済ませていたかもしれませんが、妊活中だったので気付けたくらい些細な変化だったとおもいます。

後輩ママへのアドバイス

私もそうでしたが、妊活中の方は自分の身体の変化にとても敏感だとおもいます。そうでない方も自分の身体の変化を気にしてみると、早く妊娠に気づけてそのぶんお酒を控えたり無理をしないようにする等赤ちゃんのために色々とできるかもしれません。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /