高位破水の体験談

不安になった妊娠中の高位破水

私は妊娠前からドラッグストア勤務で、妊娠してからも産休に入る35週までを同じ職場で過ごしました。
なるべく体に負担のかからない業務につけるよう気にかけてもらっていましたが、お客さんの対応や要望によっては重いものを持ち上げたり、高い場所に登ったりというようなことは少なからずありました。
異変を感じたのは無事産休に入って少し経った、まもなく38週を迎える時期だったと思います。
朝イチのお手洗いの時からずっと股を伝うような排尿感を感じていました。
残尿感ではなく、ずっと流れ続けているような排尿感というなんとも言えない気持ち悪さでした。
尿漏れは今までも頻繁にありましたが、一瞬のあれ?と思ったタイミングではなくじわじわ続く不快感がいつもの尿漏れとは違うように感じました。
予定より早いですが、いつ陣痛がきてもおかしくない週数なのでまさか破水?と一気に不安になり急いで病院に連絡し、午前診の一番に受診させてもらうことができました。
ネットで破水時のお風呂はNGと見ていたので、念の為シャワー代わりに身体を濡れタオルで拭いてから病院に向かいました。
内診の結果、通常の破水ではなく高位破水とのこと。
たしかに想像していた破水のジャバジャバした感じではなかったのですが丁寧に説明してくださり、そのまま入院することに。
週数としては問題なかったため、促進剤の投与を提案されそのまま出産に臨むことになりました。

後輩ママへのアドバイス

どのような場合にも当てはまりますが、私は急な受診にバタバタしてしまったため、そういったタイミングに合わせて簡易でも良いのですぐ病院に迎える準備は予めしておいたほうがいいです。
母子手帳、保険証、財布、大きいタオル、最低限の着替えとタオル、スマホ等があれば最悪あとで調達は可能かと思います。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /