切迫早産での子宮頸管長の長さの変化の体験談

ある日突然短くなっていました

22週のときに検診に行くと、子宮頸管が1センチ前後だという事で、周産期センターに搬送され、MFICUに入院になりました。その前まで子宮頸管の長さについて何も言われた事はなく、突然の出来事でした。
その頃私生活で色々忙しくしていたこともあり、お腹はカチカチに張ったりする事もありました。
病院で検査をすると、感染しているわけでもなく、陣痛が始まっているわけでもなく、原因は様子をみないと分からないと言われ、しばらく入院して張ったりする事も無くなった為、子宮頸管無力症の疑いがあると言われました。
子宮頸管は、1センチ弱程でしたが、1ヶ月ごとに5ミリずつくらいの間隔で短くなっていきました。これは赤ちゃんが大きくなっていることでお腹も張り、上の子宮口が広がっていってることも原因だと言われました。
医師曰く、子宮頸管が長くなっているように見えるのは赤ちゃんのいる位置や、その時のお腹の張り具合にもよるそうで、一度短くなった子宮頸管は元の状態にくっついて戻ることは無いそうで、とにかく安静にしてお腹の張りが無いようにするしか防ぐ方法はないと言われました。
30週の頃には頸管長は0ミリとなってしまい、子宮口が開き始めてしまいました。
ですがすぐに陣痛ということでもなく、36週後半に破水して出産となりました。

後輩ママへのアドバイス

子宮頸管が短くなっていると言われると、その長さを聞くたびに一喜一憂してしまうこともありますよね。
とにかく医師の指示に従い安静にする事がママが一番赤ちゃんのためにしてあげられることだと思います。
入院生活は退屈で家の事も気になってしまいますが、自宅安静が出来ない人は、強制的に安静に過ごせる環境ができて、逆にいいかもしれません。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!5 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
関連商品
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /