前駆陣痛の体験談

長い前駆陣痛でもなかなか会えない赤ちゃん

私は38週の時に前駆陣痛がスタート。その時は散歩をしている時や寝ている時に急にお腹がはり生理痛のような強い痛みがありました。しかし、それは2〜3分するとすぐなくなりました。39週1日目の皆が寝静まった深夜、お腹の張りとともにシクシクという弱い痛みが徐々に始まり10分、15分と間隔はバラバラですが繰り返し痛みが続きだんだん生理痛の強い痛みに変わりました。強い痛みになると意識して呼吸しないと酸欠になりそうだったので呼吸はゆっくりすることを心掛けながら陣痛の感覚をカウントしていきました。しかし、1時間たっても痛みの感覚はバラバラですし、10分間隔をきることことはありませんでした。さらに2時間たったころからお腹の痛みが弱まったり強まったりとまばらになってきたため「これは前駆陣痛だったんだ。赤ちゃんからもうすぐ産まれるから、産まれても良いように準備していてね。」という合図だと感じました。その後数日はお腹の張りは少し感じるものの前駆陣痛はなく、まだまだお腹の子どもに会えないのかな…と思えるほどでした。赤ちゃんに準備ができたからいつでも出てきていいよ。と強く願うと41週1日目の深夜に前駆陣痛の時と同じような弱い痛みがでてきました。それからすぐに強い痛みと変わり陣痛の感覚がどんどん短くなっていきました。最初は15分間隔でしたが30分の間に10分間隔に変わり、10分〜9分の間隔が1時間続いた時に産婦人科に電話し、行きました。私は前駆陣痛と本陣痛の痛みの大きな違いはなく、ただ本陣痛の時は腰がとても痛くなりました。

後輩ママへのアドバイス

最初は前駆陣痛なのか本陣痛なのか違いがわからなくなるほどの緊張感がありました。前駆陣痛がくるこで、我が子に会えるまでもうすぐという期待と無事出産できるか不安もありましたが、まわりの家族や先生、助産師さんがしっかり助けてくださいますので慌てずお腹の子に一緒に頑張ろうねと話しかけながら本陣痛がくるのをじっくり待つといいと思います。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!1 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /