前駆陣痛の体験談

前駆陣痛=出産間際ではありません

妊娠38週に入った頃、強い生理痛のようなキューっとした痛みを感じるようになりました。間隔は不規則で、30分おきで痛む日もあれば1日に2回くらいしか痛まない日もありました。痛みは数秒〜数十秒程度で、安静な体勢でいればおさまるものです。

私の場合は特に、朝や夜中に布団から起き上がる時におこりました。前駆陣痛の痛みと同時にお腹の張りもあり、特に上の方がカチコチに固くなりました。

このような状態で出産が早まるのではないか?と病院でも言われていたので覚悟していたのですが、その二、三日をピークに前駆陣痛はおさまってしまいました。


初めてのお産だったので、「本当にこれは前駆陣痛なのか?このまま陣痛がきてしまうのではないか?」と心配しインターネットで情報を得ていましたが、後日、いよいよ出産を迎える際の本陣痛は比べようがない痛みでした。教科書通りと言えるように一定間隔にやってきて、間隔が短くなるにつれて痛みが増しました。

前駆陣痛は生理の時の子宮の鈍い痛みのような感じでジッとしていれば耐えられるもの、2分間隔になった本陣痛は脚の付け根がビリビリミシミシ痛んで、痛みがある間は手すりにつかまって声を出さずにいられませんでした。

後輩ママへのアドバイス

前駆陣痛を感じた時も焦らず記録を取ると良いかと思います。前駆陣痛から本陣痛まで近い場合もあるようですので。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
ありがとう!6 ありがとう
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /