内診グリグリの体験談

出産の心構えを

なかなか子宮口がかたくて、予定日を過ぎるかもしれないねとお医者さんに言われていました。
陣痛につなげる為にも運動も行なっていましたが、なかなか開かない私の子宮口。いざ出産が目の前かと思うとどきどき、わくわくして毎日インターネットで検索していたところ、内診グリグリも発見。なんだろうと思っていた矢先、ちょうど36週目の検診で内診グリグリをされました。
毎年、子宮頸がん検診を行っていたので慣れていたと言ったら変ですが、痛みは全然感じませんでした。子宮頸がん検診の時の延長のような感じで、機械を入れて軽くグリグリする程度です。
内診グリグリをした後に、おしるしや破水した場合は連絡してねと言われていましたが何事もなく次の検診を迎えました。検診は週に1回になっていたのですが、内診グリグリした次の週も全く変化はなく子宮口は思っている以上に頑丈で固かったみたいです。
私の場合は、その日にバルーンを入れても変わりがなくまた翌週にバルーンをもう一度してから陣痛が来ることになりました。
子宮口がなかなか開かず、お医者さんも頑丈だねと言って陣痛を促す方法をあれやこれやと考えてくれて、やっと赤ちゃんに会えることができました。

後輩ママへのアドバイス

内診グリグリが痛いと言う方もいるとは思いますが、一瞬のことなのでいざとなったら大丈夫です。
赤ちゃんがお腹に長くいすぎてしまうことの方がよくないので、内診グリグリされたら赤ちゃんに会えるのももうすぐですね。

参考になったらここをクリック(ログイン不要)
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /
次の体験談へ
\ あなたも体験談を投稿しませんか? /